結婚式場のお金事情と費用を抑えるコツ

これから結婚式を挙げる…そう考えるだけでワクワクしてくると思いますが、忘れてはいけないのが「お金のこと」です。

当然ですが結婚式にはお金がかかりますし、オプションを追加するほど料金が高くなるので、派手な結婚式をしたいと考えている方はそれなりのお金を用意しておかなければなりません。

ただ、結婚式は一生に一度の大きなイベントなので、内容も金額も納得した上で結婚式を挙げましょう!

 

ここでは、結婚式に必要な費用や少しでも結婚式をお得に挙げる方法についてまとめています。

 

結婚式にかかる費用はいくら?総額の平均や内訳について

節約する女性結婚式を挙げたことのない方でも「結婚式は高い」というイメージが抱いているかと思います。しかし、実際どのくらいの金額がかかっているのか…?

もちろん、結婚式場の規模やプラン内容によっても金額は大きく変わってきますが、挙式と披露宴を合わせた平均額は330万円ほど。

平均でこれだけの金額がかかっていると考えると、結婚式を先延ばししたくもなるでしょう。

ただ、実際に自分たちが全額支払うわけではありませんし、費用を抑える方法もあるので安心して下さい。(下で詳しく紹介しています)

 

ただ、一体どうしてこれほど高額になるのでしょうか?ここでは、結婚式費用の内訳を簡単に紹介します。

 

挙式費用(5~2万円)

挙式を行なう際に必要となる費用になります。

キリスト教式、人前式、神前式などの種類がありますが、

キリスト教式や人前式はやや高額になる傾向があります。

 

衣装(新郎3~10万円、新婦20万円~)

新郎新婦が着用する衣装です。新郎と新婦、ドレスか和装でも金額は変わってきます。

特に新婦は衣装によって
大きく金額が変動するので見積もりはしておくのが吉

 

着付け・ヘアメイク(10~15万円)

ウエディングドレスや着物の着付け、ヘアメイクを行なってもらう際に発生する費用です。

 

料理(1人あたり1.2~2万円)

披露宴で提供される料理の費用です。

料理には和食、フレンチ、イタリアン、中華などのジャンルがあり、コースのランクが上がるほど費用も高くなります

 

飲み物(1人あたり3,000~5,000円)

料理とは料金が別になっていることが多く、ドリンクの種類やウェルカムドリンクの有無などによっても金額が変わってきます

 

控室料(1~5万円)

挙式や披露宴へ参列する親族やゲストのために用意する部屋に発生する費用です。

ゲストハウスやレストランで挙式をする場合は
会場費用に含まれているケースも。

 

会場費・席料(5~30万円)

会場費は会場の使用料で会場の規模によって金額が変わります。

席料はゲスト1人につき発生しますが、
結婚式場によっては会場費に含まれているケースも。

 

アテンダー料(1~2万円)

結婚式当日に身の回りをサポートしてくれる方へ発生する費用です。

 

ケーキ(1人あたり1,000円前後)

当日のウエディングケーキの費用です。

ケーキの大きさやデコレーション等によって金額が変わります。当然

本物の生ケーキの場合は、
イミテーションケーキよりも高額になります。

 

写真・動画(5~30万円)

挙式当日の写真や集合写真の撮影の費用になります。

結婚式場によってはセットに含まれているケースもありますが、外部のカメラマンに依頼する場合には持ち込み料が別途発生します。

 

ここで紹介した料金の項目はごく一部ですが、見て分かるようにサービス一つ一つに料金が発生します。

結婚式場によっては挙式・写真・衣装などの基本内容がプランに組み込まれていることもありますが、グレードを上げたり項目を追加すると料金が一気に跳ね上がるので、最終的に初回見積もりよりも高額になるケースが多いです。

 

結婚式場の見積もりよりも高くなる!?その理由は?

金額を計算する様子結婚式場の予約をする前に予算に応じた見積もりを出してもらうかと思いますが、初回の見積もりというのは信用してはいけません。

ほとんどの場合は初回見積もり通りの金額にはならず、多く支払う結果となります。

2017年ゼクシィ結婚トレンド調査」でも、80%の人が見積もりより支払金額が高くなったという結果が出ています。

というのも、

結婚式場で案内される初回見積もりは
最小限・最低限のプランで算出された金額

であるためです。

そのため、グレードを1つ上げたりオプションを1つ追加するだけで金額が上がります

結婚式の費用は全額自分たちが払うわけじゃない!

結婚式の費用は平均で330万円だけど、
2人の貯金額を合わせても300万円には届かない…。

安心して下さい!結婚式の総額は新郎新婦2人で全額支払うわけではありません

 

というのも、結婚式を行なうにあたってゲストからご祝儀をいただけますし、親族からの援助を受けられるケースもあります。そのため、自己負担額はかなり軽減されます。

親族からの援助は両家の経済状況にもよりますので、必ず援助を受けられるわけではありません。

ですが、100万円近くの援助を受けている新郎新婦がいることも確かです。

 

つまり、結婚式の費用で必要になる自己負担額は

結婚式の総額-(ご祝儀+援助金)=自己負担額

上記の計算式で算出できます。

そのため、見積もりなどを行い総額を確認しながら

・ゲストは何人招待するのか?
・親族からの援助は受けられそうか?

上記を考慮すると、自己負担で用意しなければいけない金額がより具体的になります。

ちなみに「2017年ゼクシィ結婚トレンド調査」では、ご祝儀の平均金額は227万円となっています。

当然、平均額よりも少ない場合や多い場合もありますが参考にはなるかと思います。

ご祝儀の額や、どのような結婚式にするかにもよりますが100~200万円の自己負担となった新郎新婦が多いので、お互いに結婚に向けてある程度お金の準備はしておくほうが良さそうですね。

 

自己負担額は2人でどう分担する?

カップルの画像ゲストからいただくご祝儀と両親からの援助金があれば金銭面で楽になりますが、自分たちが0円で挙式できるケースはごく僅かです。

ただ、自己負担額がハッキリしたとしてもどのように分担すればよいでしょうか?

 

自己負担分をどう分担するかは自由ですが、とあるアンケートでは大半の方が新郎新婦で折半という結果に。

これから結婚する2人にとってお互いの貯金はそれぞれ自分のものなので、揉めないようにもお互い話し合って決めていきましょう。

 

結婚式場にお金を支払うタイミング

結婚式では多額の費用がかかりますが、

一度にまとめて数百万円も払うのは大変

と考える方もいるでしょう。

ですが、結婚式費用は全額を一度にまとめて支払わなければならないわけではありません

基本的には何回かに分けて全額を支払いますが、結婚式場によって支払うタイミングは違います

あとで支払いに困らないためにも、結婚式で必要な費用とともに支払うタイミングを知っておきましょう。

 

予約金(5~20万円)

予約金とは「結婚式はこの会場でこの日に決定!」というタイミングで支払うお金です。

予約金以外にも内金、手付金、申込金ということもあります。

このお金も、当日の結婚式費用の一部として使用されるので無駄にはなりません。

 

中間金(総額の半額ほど)

結婚式当日までに結婚式費用の半額ほどを支払うケースがあります。

結婚式場によっては中間金の有無が変わります。

気になる場合は申し込む前に中間金の有無や金額を確認しておきましょう。

 

最終支払い

結婚式の最終見積金額を支払います。支払いのタイミングは

挙式の7~10日前に支払うことが多いです。

ですが、結婚式場によってはご祝儀を使って支払える会場もあります

ただし、基本は前払いになるので、ある程度まとまったお金は用意しておきましょう

 

当日精算

最終見積以外に発生したお金を支払います

ゲストが追加した着付けや飲み物代、披露宴の延長料金など、

別途支払いが必要で当日中に支払わなければならない場合も。

結婚式場への支払い方法は選べる?

結婚式場によって可能な支払い方法は異なりますが、基本的には複数の支払い方法が用意されています

 

現金

現金払いの画像 現金での支払いはそのまま会場で支払うのではなく、指定された金額を専用の口座へ振り込みます。

振込手数料の発生やまとまったお金を用意しなければならないデメリットはありますが、支払いさえ完了すれば手続きは全て完了です。

 

クレジットカード

カード払いの画像クレジットカードであれば手元に現金がなくても支払いが可能です。

支払回数は選べますが、分割回数によっては手数料がかかり結婚式後も支払いを続けなければなりません

ただし、支払い金額に応じてクレジットカード会社のポイントも貯まります。

 

ブライダルローン

ブライダルローンは結婚資金がなくても一括でお金を貸してくれるローンです。

結婚式や新婚旅行などの利用目的は限定されますが、貯金がほとんどなくても結婚式を挙げられます

結婚後も支払い続けなければなりませんが、通常のカードローンよりも低金利で借りられますので負担も少なくなります。

 

予約金を支払った後キャンセルすると返金される?

日取りも費用も申し分なく、ここの結婚式場に決めた!となった場合には予約金を支払って契約します。

ですが、予約金を支払ってから「やっぱり他の会場にしようかな…」となった場合、予約金は返してもらえるのでしょうか?

答えはNOです。

支払う側からすると、まだ結婚式してないんだし返してもらえるだろうと思っているかもしれませんが、「予約金の支払い=正式契約」となりますので予約金を支払った後でキャンセルする場合はキャンセル料が発生します。

キャンセル料は予約金の全額もしくは予約金の一部のどちらかになりますので、お金を支払う前にしっかりと規定を確認しておくようにしましょう。

 

すぐに申し込めば割引になるから、結婚式会場で希望日が空いていたからという理由ですぐに申し込むのはやめましょう。

その時に役立ってくれるのが仮予約です。

ほとんどの結婚式場では仮予約ができるようになっており、仮予約期間であればキャンセルしても料金は発生しません。後悔しないためにも慎重に考え、予約金を支払いましょう。

 

少しでもお得に結婚式場を予約するコツ

一生に一回の結婚式。だからこそなるべく自分のイメージに近い結婚式にしたいですよね。

ですが、何度も言うように結婚式は高額なイベントなので、ある程度の自己資金は用意しておかなければなりません。

ただ、結婚式の費用は工夫次第で抑えることが可能なので

なるべく理想を諦めず低コストで結婚式を挙げましょう。

 

みんなが選ばない日こそ注目

結婚式場は、みんなが利用したいと思っているタイミングでは料金が高くなります

そのため、

・4~5月、9~10月の時期・土日祝日

・午前中~お昼

・大安や友引

の条件に当てはまる日は高額です。

つまり、上記に当てはまる日以外は比較的料金が安く設定されているので、少しでも費用を抑えたい場合は真夏や真冬、平日、夕方~夜、仏滅などが狙い目になります。

 

限定プランに注目

結婚式場によっては限定のプランを用意しています。

期間限定やWEB申し込み限定などの通常よりお得に予約できる内容となっていますので

随時ホームページをチェックしておきましょう。

 

予約サイトを仲介する

結婚式場のホームページにはお得なプランが紹介されていますが、予約サイトには予約サイト限定の割引や特典がある場合が多いです。

また、予約サイトによっても割引や特典内容が変わってきますので、比較してお得に予約をしましょう。

 

自作アイテムや持ち込みでコストカット

費用は項目ごとに逐一発生しますので

・招待状や席札などのペーパーアイテムを自作・ドレスや装飾を持ち込む

などすることで費用を抑えられます

ただし、持ち込みを行う場合も注意が必要です。それが

持ち込み料として別途料金が発生する場合

です。

持ち込み料が発生するとはいえ、持ち込みの料金自体は結婚式場へ依頼するより安いですしオリジナリティを出しやすいため、最近では持ち込む方も増えています。

 

値切ってみる

結婚式業界というのは、非常に利益率が良いので案外値切れます

ただ、結婚式場側はなるべく利益を上げたいのですぐには金額を下げてくれませんのでコツがあります。

交渉する際には挙式半年以内であることを伝える、他社の見積書を持っていくといった方法もありますが、一度結婚式の相談カウンターへ見積書の添削をお願いしましょう。

相談カウンターは無料で利用できますし、
必要のないものは省いてくれます。

タイトルとURLをコピーしました